塗料の種類

住宅を守るためには、外壁塗装をする事が重要です。そんな外壁塗装ですが、塗装には色々な種類があります。ここでは外壁塗装に使用される塗装の特徴を紹介していきましょう。 アクリル塗装は外壁塗装に使用される塗装の中で、最も安い費用で施工できる塗装です。耐久年数は8年ほどで、昔の住宅に沢山塗られていた塗装です。現在ではアクリル塗装を塗る住宅は減っています。外壁がモルタルで作られている住宅に適している塗装で、ひび割れを綺麗にする事ができる特徴を持っているようです。ウレタン塗装は柔らかい塗装で、なめらかに塗装をする事ができるため、住宅の細かい部分に塗る事ができる塗装です。

万能性が高くどんな住宅にも塗る事ができます。耐久年数は10年ほどで、人気の高い塗装で使用されるケースも多いようです。 シリコン塗装はバランスの良く現在の主流になっている塗装で、価格と性能のバランスが優れています。シリコン塗装を塗る事により、白い色の外壁を塗っても汚れないため人気になっており、シリコン塗装をする事で、外壁の汚れが落ちやすくなっています。新築にはシリコン塗装を塗ってある事が多く、新築の外壁の色が明るい住宅が多いのは、シリコン塗装が普及したおかげでしょう。外壁塗装をする場合には、シリコン塗装をする事で不満のない外壁にする事が可能です。また、耐久年数は15年ほどになるので、フッ素塗装は耐久性が一番高い塗装です。価格は高いですが機能は高いので人気です。