• 4万円

    インクを使わない印刷について

    在で使われるプリンターは、インクジェット方式の機械がほとんどです。しかしインクを

  • カウンター

    黒のインクを効果的に使う

    在ではコンピューターが普及したので、紙に手書きする事が少なくなりました。代わりに

仕事の道具

現在では機械に入力したデータを、出力する需要が高まりました。
手書きよりも精度や速度が優れている事が重用されている理由です。
それができるようになったのは、情報工学が進展したからでした。
コンピュータは二進法によって制御されており、原則的に0と1しか認識できません。
0と1の組み合わせに意味を持たせて表現の幅を広げる技術者がいなければ、単純な計算機としてさえ働く事さえ叶いませんでした。
現在では数字や文字だけでなく、画像も表現できるようになっています。
しかし画像を出力するためには、全く別種の技術分野が必要になるのです。
出力で重要になるのは用いられる機械なので、ハードウェアに精通している人材が該当します。

フルカラーは美麗さが売り

現在において最も活躍の場を得ているのは、インクを使ったフルカラー印刷と言えます。
業務用のみならず家庭用の普及率も高いからです。
その理由は印刷結果が美しいという単純明快な理由です。
家でも手軽に美しい画像がプリントできるというキャッチコピーは、多くの消費者を虜にしました。
パソコンで作った自分の画像を現実に出現させたいという希望に沿った形です。
分かりやすい魅力は商戦において武器と言えます。
仕事でフルカラー印刷が使われる理由も、美しいという理由が大きいせいです。
しかし家庭用とは違って自己満足ではありません。
仕事でプレゼンテーションをする時、見栄えがいいだけで魅力的なのです。
現在では二色印刷で資料を作る人は少ないと言えます。

フォローする技術

しかしフルカラー印刷には大きな欠点があります。
それはインクの減りが非常に激しいという点です。
そしてインクという消耗品の補充を繰り返せば、当然ながら出費がかさみます。
どんなケースにおいてもフルカラー印刷を徹底する事は合理的ではありません。
だからインクを使わない感熱紙の印刷は現在でも需要があるのです。
例えばレシートの出力はレジ対応で必要になりますが、回転率が高いとロール紙がすぐに枯渇します。
しかし感熱紙だけだからロール紙がなくなるだけで済んでいるのです。
仮にインクを使ったプリンタであれば、レシートの出力だけで莫大な経費が必要になります。
レジで出力されるレシートに美麗さは必要ありません。
感熱紙は消耗品として優れていると言えます。

オススメリンク

4万円

インクを使わない印刷について

現在で使われるプリンターは、インクジェット方式の機械がほとん…Read more
カウンター

黒のインクを効果的に使う

現在ではコンピューターが普及したので、紙に手書きする事が少な…Read more

関連リンク